ほんとにいいの?

看護師辞めて、後悔しない?

モチベーションがなくなった原因の再考

看護師として働いてきて離職をしてしまう人は大勢います。
原因は人によって違いますが、モチベーションを失ってしまったことでもう働きたいとは思わないという人もいるのが事実です。
そのような場合には看護師を辞める決断をする前にモチベーションが失われた原因について再考しておきましょう。
看護師として働くためには看護学校や大学、短大などに通って勉強をし、国家試験に通過して資格を取得することが必要だったでしょう。
そのために苦労してきた期間は長く、それをふいにしてしまっていいものかと考えることは大切です。
辞めるという決断をした時点でそれまでの努力が無駄になってしまうため、本当に辞めてもいいのかと再考する価値があることは明白でしょう。
モチベーションを失ってしまう機会が多いのは医療業界に共通するものであり、自分のミスが原因であったり、人との関係が悪化したのが要因であったりすることが多々あります。
しかし、その多くについては自分の努力次第で乗り越えられるものです。
自分一人では難しくても職場の上司や同僚の協力を得たり、家族の理解を得たりするだけで解決されることもあります。
モチベーションが失われが原因を再考してみて、乗り越えられる壁なら乗り越えてしまった方が後々に後悔せずに済むでしょう。
そのための労力があまりにも大きい場合にはその限りではありません。
しかし、少し時間を置いてから考えてみると些細なことで解決に導ける場合もあると念頭に置いておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です