ほんとにいいの?

看護師辞めて、後悔しない?

育児に専念したいと思ったとき

看護師として働いてきて結婚をし、出産をする機会に恵まれると育児をすることになります。
仕事をしながら育児を続けることもできるようになってきていますが、育児に専念したいという気持ちを抱く人も多く、仕事を辞める人も多いのが実情です。
しかし、決断する前に育児後の仕事との付き合い方についてよく考えておくことが大切になります。
看護師は大学や専門学校に通っている時代から看護のことばかり考えていて、趣味に近い状況になっていることがあります。
その結果としてよくある問題が育児をしていて両立できる自分の趣味はないかと考えたときに、やはり看護師の仕事をしたいと考えて離職しなければ良かったと考えてしまうことなのです。
そのため、辞める決断をする前にいつどのタイミングで再就職するのかを計画しておくことが重要になります。
その計画を立てていなかったために、看護師の仕事をいつかは再開したいと思っていても、タイミングを見計らえずに適切な時期を逃してしまうこともよくあるのです。
看護師の場合にはパートで働くことも比較的容易であり、育児との両立をしやすい待遇の日勤採用もあります。
そのことも考慮して、いつなら働き始められるかを予め考えておいて、そのタイミングになったら躊躇せずに再就職するのが賢明です。
もし仕事を続けるつもりはないという場合でも一度離職をしてしまって時間が経つとまた働きたいと考えることもよくあるため、どちらの場合でも再就職の可能性を考慮するのに越したことはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です